エッジAIカメラとは

エッジAIカメラとは、AI処理機能が搭載されたカメラを表します。
従来、データセンターへデータを送信したうえで処理するクラウドAIが主流でしたが、近年では、AIの搭載されたカメラがその場でデータ処理を行うエッジAI形式が主流となりつつあります。

「クラウドAI」と「エッジAI」

クラウドAI エッジAI
  • データ処理が全てクラウド上
  • 通信量:大
  • 通信にタイムラグあり
  • データ蓄積可能
  • 解析後の必要なデータのみクラウドへ
  • 通信量:小
  • リアルタイム通信
  • セキュリティ強化

エッジAIカメラでできること

従来のネットワークカメラでは、映像を記録したり、目視でリアルタイムに確認したりすることが目的でしたが、エッジAIカメラでは画像解析が可能で効率的に欲しい情報を確認することができます。
エッジAIカメラは、様々な対象物に対して活躍が期待されています。

人物検知

物体検知

顔認識

文字認識

お客様にとって最適なAI導入に対応

レスターエレクトロニクスでは、様々なAI知見を持ったパートナー企業と連携することにより、お客様に最適なエッジAIカメラソリューションをご提案致します。

エッジAIカメラ使用シーン事例

属性検知

行動分析

在庫検知

数量カウント 

危険察知

侵入者検出

ヘルメット着用検出

各種展示会のご協力 説明員対応

異物検知

エッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS(アイトリオス)™」

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社が提供するエッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS(アイトリオス)™」を活用したソリューション展開もしております。

レスターエレクトロニクスでは、AITRIOSの『Console Developer Edition』の使用で、より容易な接続やソリューション開発が行える、世界初AI処理機能を搭載したインテリジェントビジョンセンサーIMX500搭載デバイスSZP123S-001の取り扱いを行っております。

↓ご購入はこちらから↓

アマゾン

チップワンストップ

コアスタッフ

秋月電子通商


お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連ソリューション

  • SWIRカメラでは、SWIR帯域の光の吸収特性や反射特性を利用し、人の目(可視光)では捉えられないものを撮影することが可能です。食品検査や半導体検査、識別分類、監視、偽造防止など様々な用途でご活用頂けます。

  • キャラクター×インターフェースでデジタルともっと身近に、心地よいコミュニケーションが取れる対話型キャラクターエージェント。音声合成(Text to Speech)、音声認識による音声対話インターフェースはもちろん、個人識別機能を実装することで、「人に寄り添うおもてなし」を実現します。