Acconeer AB

スウェーデンに本社を置く
ミリ波レーダーの設計・販売会社「Acconeer AB」

メーカー概要

Acconeer ABはスウェーデンに本社を置き、スウェーデン政府とLund大学のサポートにより設立され、60GHz帯域レーダーセンサーの設計・開発・販売を行うミリ波レーダーの設計・販売会社です。距離測定だけでなく人感検知、障害物検知、呼吸検知、ジェスチャー制御等を行うことが可能です。ロボット、IoTセンサー、駐車場センサー、スマートフォン、家電製品、車載製品、液量検知機器等、様々な製品でご利用いただけます。独自のパルスコヒーレント技術により、小型、低消費電力、高精度を実現しており、バッテリー駆動の機器に搭載することも可能です。

ラインナップ

A1 RADAR SENSOR

A1 RADAR SENSOR

A1 RADAR SENSORは、フットプリントがわずか29mm2 の低電力、高精度のパルス短距離レーダーセンサーです。A1 RADAR SENSORは、無線とアンテナが埋め込まれた1 チップシステムインパッケージ (SiP) ソリューションとして提供されます。小型で低消費電力であるため、コンパクトなバッテリー駆動デバイスやモバイルデバイスへの統合に最適です。A1 RADAR SENSORは、独自の特許技術に基づいており、非常に低い消費電力でミリ単位の精度を実現します。60 GHz のライセンス不要のISM無線帯域で動作することにより、レーダーセンサーは、ノイズ、ほこり、色、直接または間接光による干渉を受けることなく、堅牢なパフォーマンスを提供します。無線技術により、開口部を必要とせずにセンサーを簡単に統合できます。A1 RADAR SENSORは、1 回の測定だけでなく、最大 1500 Hz の任意の周波数に設定された連続掃引で、近距離で複数のオブジェクトを検出できます。A1 RADAR SENSORの独自の特性により、高度なセンサー アプリケーションで材料を識別し、動きを検出することができます。

特徴

高精度

1つまたは複数のオブジェクトの距離をミリメートルの精度で測定します。

動きと速度

1500 Hz までの連続測定。

材料の検出

異なる誘電率を持つ材料の検出。

低消費電力

ミリワットの消費電力により、バッテリー駆動のデバイスに統合できます。

最適化された統合

無線とアンテナが埋め込まれた小型のワンチップ ソリューションで、開口部は必要ありません。

堅牢性

ノイズ、ほこり、色、直接または間接光の影響を受けない無線帯域操作。

製品の概要

センサー タイプ 60 GHz パルス コヒーレント レーダー (PCR)、短距離デバイス (SRD)
測定絶対範囲 60–2000 mm (球形コーナーリフレクター r = 50 mm)
連続掃引更新レート 最大 1500 Hz まで設定可能
複数のオブジェクト はい
ハーフパワービーム幅 (HPBW) 40° / 80°
開口部の必要性 いいえ
インターフェース SPI、GPIO(オプション)
電源 1.8V単電源
消費電力 < 1mW (10 Hz 更新周波数)
パッケージ FCCSP、5.5×5.2×0.88mm

XM132 ENTRY MODULE

XM132 ENTRY MODULE

AcconeerのXM132 ENTRY MODULEは、選択されたユースケース向けに最適化された統合対応のレーダーモジュールです。このエントリ モジュールは、A111 パルスコヒーレント レーダーと32ビット 64MHz Arm Cortex M0+ MCU、STMicroelectronicsの STM32G071CBU6を128Kバイトのフラッシュメモリと36KバイトのRAMメモリと統合します。このモジュールは、1.8V ~ 3.6V の単一電源動作電圧範囲をサポートします。XM132 エントリーモジュールは、評価および開発目的、および商用製品への統合のために使用することを目的とした統合対応モジュールです。特定のユースケースに適合したソフトウェアを使用すると、コストと市場投入までの時間が合理化されます。XM132は、RSS API (アプリケーションプログラミングインターフェイス) を使用して Acconeer RSS (レーダーシステムソフトウェア) の上にアプリケーションを埋め込むことができるスタンドアロンモジュールとして使用できます。また、UART、I2C、GPIOのいずれかのインターフェイスを使用してレジスタコマンドプロトコルを介してモジュールと通信する外部ホストコントローラーとともに使用することもできます。
スタンドアロンで使用するためのソフトウェア開発キット (SDK) を含むAcconeer RSSは、Acconeer開発者ページからXM132 にダウンロードできます。レーダー測定結果の視覚化に役立つ探索ツールもAcconeer Githubからダウンロードできます。

アプリケーション

  • 選択したユースケース向けの mm 精度の低電力距離測定
  • スマートプレゼンスとモーション検出
  • 駐車スペース占有検知
  • レベル測定(廃棄物レベル、タンクレベル)

製品の概要

センサー タイプ A111 60 GHz パルス コヒーレント レーダー (PCR)
サイズ 25x20mm
MCU ARM® Cortex™ M0+ CPU STM32G071CBU6
プログラミング インターフェイス XE132 評価ボードを使用した SW フラッシュおよび SW デバッグ
ソフトウェア ダウンロード可能なモジュール ソフトウェア、SDK、および探索ツール
基板コネクタ はんだ付け可能
絶対範囲の測定 対象物と用途に応じて、典型的な最大範囲は 0.5 ~ 10 m
複数のオブジェクト はい
ハーフパワービーム幅 (HPBW) 40° / 80°
開口部の必要性 いいえ
外部インターフェース UART、I2C、GPIO、リセット
電源 単電源動作電圧範囲:1.8V~3.6V
消費電力 <0.05mW @0.1Hz 掃引速度
動作温度 -40°C ~ +85°C

XM122 IoT MODULE

XM122 IoT MODULE

この IoT モジュールは、A111 パルス コヒーレント レーダーと Nordic nRF52840 システム オン チップを統合し、32 ビット 64 MHz ARM® Cortex™-M4 CPU (256 KB SRAM、1 MB フラッシュ) および Bluetooth 5、Bluetooth メッシュ、スレッド、 Zigbee、802.15.4 、ANTをサポートします。

アプリケーション

  • ミリ単位の精度と高い更新頻度で高精度な距離測定
  • タンクレベル測定
  • ゴミ箱レベル測定
  • 存在検出
  • 駐車場センシング
  • µm 精度の相対測定

製品の概要

センサー タイプ A111 60 GHz パルス コヒーレント レーダー (PCR)
サイズ 直径33mm
MCU ARM® Cortex™-M4 CPU Nordic nRF52840
プログラミング インターフェイス SW フラッシュおよびデバッグ用の SWD/JTAG インターフェイス
ソフトウェア ダウンロード可能なモジュール ソフトウェア、SDK、および探索ツール
基板コネクタ スリムな 30 ピン基板対基板コネクタ
絶対範囲の測定 対象物と用途に応じて、典型的な最大範囲は 0.5 ~ 10 m
複数のオブジェクト はい
ハーフパワービーム幅 (HPBW) (HPBW): 40° / 80°
開口部の必要性 いいえ
外部インターフェース SPI、UART、I2C、GPIO、リセット
電源 広い単電源動作電圧範囲: 2.0V ~ 5.5V
消費電力 <0.07mW @0.1Hz スイープ レート、BLE アドバタイズを含む
動作温度 -40°C ~ +85°C

XM112 HIGH PERFORMANCE MODULE

XM112 HIGH PERFORMANCE MODULE

AcconeerのXM112 HIGH PERFORMANCE MODULEは、mmの精度と高い更新頻度で高精度の距離測定を提供します。A111パルスコヒーレントレーダーと32ビットのARM® Cortex®-M7 ATSAME70Q20Aマイクロプロセッサを同じプリント基板 (PCB) に統合した24mm x 16 mm のモジュールです。ATSAME70Q20Aは384 KバイトのSRAMと1MBのフラッシュを搭載し、コアプロセッサの最大周波数は300MHzです。XM112 は、スリムな30ピン基板対基板コネクタを介して製品に統合できるリファレンスモジュールであり、製品を市場に投入するためのユーザーのコストと時間を削減します。XM112は、ブレークアウトボードXB112 とともに評価キットとしても使用できます。XB112 は、標準の5 V USBケーブルを介して電源が供給され、1.8 V 電源と USB-UART コンバーターが含まれているため、XM112 は USB ポートを介して外部ホスト コンピューターから制御できます。XM112 には、スタンドアロンで使用するための SDK (ソフトウェア開発キット) を含む Acconeer RSSソフトウェアが付属しており、顧客はAcconeer RSS ソフトウェアの上に独自のアプリケーションを埋め込むことができます。Acconeer RSS ソフトウェアは、A111 センサー構成を設定し、サポートされているレーダーサービスと検出器データを取得するためのAPI を提供します。
XM112 モジュールは、レジスタベースのプロトコル (UART、SPI、および I2C) を使用して外部ホストから制御することもできます。このモジュールは、IoT、自動車、産業、ロボット、ドローン、スマート シティ、ヘルスケア、モバイルおよびウェアラブル、電動工具などのさまざまな市場セグメントのアプリケーションに適しています。

アプリケーション

  • ミリ単位の精度と高い更新頻度で高精度な距離測定
  • タンクレベル測定
  • ゴミ箱レベル測定
  • 障害物検知
  • 動体検知
  • 呼吸数などの生命兆候の監視
  • 駐車場センシング
  • µm 精度の相対測定

製品の概要

センサー タイプ A111 60 GHz パルス コヒーレント レーダー (PCR)
サイズ 24mm×16mm
MCU Arm Cortex-M7 ATSAME70Q20A マイクロプロセッサ
プログラミング インターフェイス SW フラッシュおよびデバッグ用の SWD インターフェイス
ソフトウェア ダウンロード可能なモジュール ソフトウェア、SDK、および探索ツール
基板コネクタ スリムな 30 ピン基板対基板コネクタ
絶対範囲の測定 対象物と用途に応じて、典型的な最大範囲は 0.5 ~ 10m
複数のオブジェクト はい
ハーフパワービーム幅 (HPBW) (HPBW): 40° / 80°
開口部の必要性 いいえ
外部インターフェース SPI、UART、I2C
電源 1.8V 単一電源動作電圧
消費電力 < 10mW @10 Hz 掃引速度
動作温度 -40°C ~ +85°C

DEVELOPMENT KIT

DEVELOPMENT KIT

新しく革新的なアプリケーションの開発を容易にするために、Acconeer は開発キット X112 を提供しています。開発キットには、コネクタボードとレーダー センサーボードが含まれており、最大 4 つの A1 レーダーセンサーを同時に使用できます。XC112はフォームファクターが小さく、レーダーセンサーボードXR112 をフラットフレキシブル ケーブルで接続して、レーダーセンサーを柔軟に配置できます。開発キットは、標準の Raspberry Pi 2/3 とインターフェースするように設計されており、A1レーダーセンサーソフトウェアをインストールしてラピッドプロトタイピングを可能にすることができます。

X112 開発キットには以下が含まれます。

  • 4枚のXR112レーダセンサボードまで接続する可能性を持つXC112コネクタボード。
  • 1つのA1レーダーセンサと一つのフラットフレキシブルケーブルXR112リファレンスボード。
  • アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を含む A1 ソフトウェア開発キット (A1 SDK)。

A1 SOFTWARE DEVELOPMENT KIT

A1 SDK には、レーダー センサー サービス、検出器、およびアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) が含まれています。このキットを使用すると、ユーザーは新しいアプリケーションを開発し、A1 レーダー センサーを既存のソリューションに統合するための迅速かつ簡単なスタートを切ることができます。レーダー サービスと検出器は、最先端のアルゴリズム、フィルター、レーダー データを使用して構築されており、幅広いユース ケースを可能にします。
A1 SDK は C で記述されており、任意のオペレーティング システムまたはハードウェア プラットフォームに移植できます。